乳幼児
不飽和脂肪酸乳幼児牛肉詳細母乳
******

アラキドン酸とビタミンF

ビタミン類とアラキドン酸はどのように関係しているでしょうか。
ビタミンFは、アラキドン酸の別名です。
ビタミンと同様、アラキドン酸のような不飽和脂肪酸は体内では基本的に生成できない成分であり、体が必要としている必須脂肪酸であるからです。
必須脂肪酸であるアラキドン酸は、たくさんの食材にふくまれているため私たちは意識して摂取するということをあまりしないかもしれませんが、ビタミン類同様これが担う役割は小さくありません。

まずは神経細胞を形成する成分のため、脳の働きにアラキドン酸の摂取は直結します。
学習能力や記憶能力など脳が行う働き全般をサポートし向上させる働きが期待できます。
乳児のときにより発達する神経細胞の生成に関係するということはそういうことです。

また、アラキドン酸には免疫機能の調整機能がありますし、コレステロール値や血糖値を下げて生活習慣病などを避けることにも繋がります。
ただし実際にアラキドン酸を大量に摂取することによって副作用を発症している方もいます。
薬などと同様過剰摂取には注意し、血小板における怪我の治癒などの役割を担ってくれていることを考えると、継続してアラキドン酸を摂取しようかなと思わせるのではないでしょうか。


MENU

Copyright(C)人間に必要になる重要な栄養素