乳幼児
不飽和脂肪酸乳幼児牛肉詳細母乳
******

牛肉に含まれているアラキドン酸

不飽和脂肪酸であるアラキドン酸は多くの食品に含まれているため、普段私たちが意識して、この成分が不足するかどうかに関してはあまり考える必要がありません。
しかし、偏った栄養バランスは健康に悪影響を及ぼします。
そこで、肉類に含まれるアラキドン酸について考えてみましょう。
肉類に含まれるアラキドン酸は、『アナンダマイド』という、記憶力や思考力を向上させ、集中力を保ち、同時にリラックス効果もある快楽物質に変化します。

いわゆる肉中心の生活が健康に害があることは否めません。
しかしエネルギーを根本的に保つためには、肉類が欠かせないのです。
必須脂肪酸であるアラキドン酸は、『野菜類にはほとんど含まれていない』からです。
ですから、バランスを考えた食事…魚にもこのアラキドン酸は多く含まれますので、野菜、魚類、牛肉などの肉類をバランスよく摂取することの大切さが理解できます。

さて、世界の国に目を向けてみると、日本人に比べ、統計的に欧米人の動脈硬化の発症率が高いとされている原因に、いわゆる魚や肉類の摂取量が関係していると言われています。
ヒトが必要としている栄養分は一つではありません。
病気予防そして寿命を考えるうえでもバランスを考えるのは大切なのです。

MENU

Copyright(C)人間に必要になる重要な栄養素