乳幼児
不飽和脂肪酸乳幼児牛肉詳細母乳
******

コレステロール低下をアラキドン酸で対応する

健康診断を行った時には、血液検査をするかと思います。
その結果次第で、安堵の声や阿鼻叫喚がそれぞれの家から聞こえてきそうですが、いわば数値の「どこ」に皆さんは注目されるでしょうか。
血圧でしょうか、その他の心配ごとでしょうか。

コレステロール値が高いと、動脈硬化や心疾患を招くことは誰もが自然と理解していることだと思います。
コレステロール値が高いということは、いわば血液がどろどろで決して流れの良い状態でないことが判断できます。

コレステロールが高くなってしまう原因はやはり偏った食生活にあります。
自覚があれば改善もできますが、罪の意識と言っては難ですが、それを意識していて敢えて改善していない人がいるのも事実です。
だからといって、すぐ食生活を改善するのは難しいと思いますか?
肉類や魚類に含まれるアラキドン酸には、生理活性物質としてコレステロール値を低下させる働きhttp://www.minimonos.com/koresuteroru.htmlがあります。
必須脂肪酸であるアラキドン酸は、動脈硬化を防ぐ効果もあるのです。

では肉類だけ食べていれば問題ない?そのようなことはありません。
大切なのは『アラキドン酸だけを多く摂取する』ということでは無く、野菜も併せてバランスよい食生活を行うことです。
過剰摂取は副作用にもつながります。

MENU

Copyright(C)人間に必要になる重要な栄養素