乳幼児
不飽和脂肪酸乳幼児牛肉詳細母乳
******

乳幼児の成長過程にアラキドン酸

乳幼児の成長…それとアラキドン酸はどのように関係しているのでしょうか。
それは、母親から受け取る母乳やミルクから分かります。
母乳には、胎児の成長を助ける様々な栄養分が含まれていますが、このアラキドン酸もそれらと同様、体の成長を助け、脳の神経細胞を特に発達させる働きがあります。
親が妊娠時食べるものが子どもへ影響を与えることは既に知られた事実ですが、それと同様アラキドン酸の摂取により子供に良い影響が及ぶ可能性があります。

親が食べるものが胎児に与える影響を考えるものとして、胎児が生まれてくるときの体重を考えることができます。
通常、胎児は3000gぐらいで出産されます。
それより低い(基準では2500g以下)体重での出産は低出生体重児になります。
低体重で生まれてくる原因に親が妊娠中十分な栄養を摂取しなかったりダイエットなどを行っていたことが原因にもなり得ます。
しかもこの症例は日本でも増えてきており、増加傾向にあるとされています。

子どもに良い状態で生まれて貰いたい、そして良い質の母乳を与えたいと思うならば妊娠時の健康管理には気を使うべきです。
少し話が逸れましたが、子どもの成長にアラキドン酸などの「必須」栄養分が欠かせないことは理解できると思います。
また、人間の子供だけでなく、猫にもアラキドン酸は必要だといわれています。

MENU

Copyright(C)人間に必要になる重要な栄養素