乳幼児
不飽和脂肪酸乳幼児牛肉詳細母乳
******

アラキドン酸とリノール酸

リノール酸とアラキドン酸にはどのような関係があるでしょうか。
リノール酸とはアラキドン酸の生理活性物質における変化への重要な成分であり、アラキドン酸と同等に語られることが多いです。
アラキドン酸と同様、不飽和脂肪酸の一種であり、体が必須として必要としている成分でもあります。
アラキドン酸と同様、ω-6の脂肪酸に分類することができ、体が自主的に作成できない成分の一つでもあります。
アラキドン酸とリノール酸に共通するのはそういった部分です。

それら必須脂肪酸が体に必要な原因として、体の各部位を作っている成分であるからだけでなく、それらが必要であることを既に実験などにより証明されており、子どもから大人まで私たちの体に良い影響を与えることが判明しているからです。
脳の神経細胞を発達させる働きがあり、この働きが注目されています。
脳の学習能力や記憶能力などを向上、改善させます。

また、免疫を調整します。
乳児、そして胎児の成長にもこのアラキドン酸は深く関係しています。
それは、母乳に多くのアラキドン酸が含まれていることからも理解できます。
アラキドン酸は様々な食品http://www.neuhardtforcongress.com/gyuuniku.htmlに含まれており、特に魚類や肉類など私たちが普段食べるものに多く含まれます。

MENU

Copyright(C)人間に必要になる重要な栄養素