乳幼児
不飽和脂肪酸乳幼児牛肉詳細母乳
******

アラキドン酸の詳細

アラキドン酸、化学式[C20H3202]であらわされるこの物質は、体が自主的に生産できない多価不飽和脂肪酸であり、人体が必要としている必須脂肪酸でもあります。
アラキドン酸は、多価不飽和脂肪酸の中で[ω-6脂肪酸]に分類することができます。
この多価不飽和脂肪酸には、生理活性物質という、直接ホルモンに働きかける物質が含まれており、コレステロール値に大きく関係しています。

脳神経の形成に置いて改めて重要な立場を担っているアラキドン酸は、乳児の成長において欠かすことができない成分でもあります。
母乳や粉ミルクにアラキドン酸が含まれていることも納得です。
アラキドン酸は脳の働きを高める働きを持っていることにより、私達大人が摂取することによっても、学習の能力や記憶力などの、脳の働きの向上が見られるのです。
実際動物実験や臨床実験において、アラキドン酸の摂取に脳の働きへの工場が見られることが分かりました。
肉や魚にも多くの分が含まれているこのアラキドン酸ですが、サプリメントなどにより効率的に多くの量を摂取することができます。
それだけでなく、体の免疫機能の正常化や、生活習慣病など生命に関わる病気を予防することにも繋がります


MENU

Copyright(C)人間に必要になる重要な栄養素